ららぽーと豊洲の営業時間と駐車場!魅力と役立つ理由

ららぽーと豊洲」の営業時間駐車場、そしてこの地域にとっての「ららぽーと豊洲」の日常生活にとても役立つ魅力と理由などをご紹介していきたいと思います。

ららぽーと豊洲の営業時間と駐車場情報

ららぽーと豊洲の営業時間と駐車場情報は、以下の通りとなっております。

ららぽーと豊洲の営業時間

  • ららぽーと豊洲のショッピング営業時間 :10時00分~21時00分
  • ららぽーと豊洲のサービス営業時間   :10時00分~21時00分
  • ららぽーと豊洲のレストラン営業時間  :11時00分~23時00分
  • ららぽーと豊洲マリーナキッチン営業時間:11時00分~22時00分

ららぽーと豊洲の駐車場とアクセス

  • ららぽーと豊洲の駐車場台数:約2,200台
  • ららぽーと豊洲の駐車場料金:最初の1時間は無料、以降30分300円
  • 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」:徒歩約1分
  • ゆりかもめ線「豊洲駅」   :徒歩約5分
  • ららぽーと豊洲の所在地  :東京都江東区豊洲2-4-9

※ららぽーと豊洲の駐車場料金は、当日2,000円のお買い物で以上で1時間無料、当日3,000円以上のお買い物で2時間無料、当日キッザニア東京1部を利用された場合は5時間無料、当日キッザニア東京2部をご利用された場合は4時間無料、当日ユナイテッド・シネマ豊洲を利用された場合は3時間無料、当日ドゥ・スポーツプラザ豊洲を利用された場合は3時間無料となります。

ららぽーと豊洲が日常利用で便利な超具体的な理由

ららぽーと豊洲は、ファミリー利用にはとても役立つ生活雑貨からアパレル用品、家具などの専門店が並び、映画館やキッザニア東京もある大型のショッピングモール施設です。一般的なショッピングモールというと、休日のお出掛け先としてのイメージを持つ方が多いかもしれませんが、ららぽーと豊洲は日常的に利用するのにも適たショッピングモールです。

その理由として第一に挙げられるのが、何といってもららぽーと豊洲にテナントとして入っている専門店の多さです。ららぽーと豊洲では、靴や服はもちろん、文房具まで生活雑貨は一通り揃うので、ららぽーと豊洲に行けばさまざまなお店をはしごして、必要なものを一ヵ所で揃えることができるので便利ですし、価格を比べるにも手間がかからず経済的でもあります。

さらに、ららぽーと豊洲には100円ショップや300円ショップもあるため、とにかく安くて便利なものを、という場合にも利用しやすいのが嬉しい点です。また、ららぽーと豊洲には価格帯も超高級ブランドのようなお店は入っておらず、リーズナブルな価格のお店が多いことも、日常使用する上で欠かせないポイントとして挙げられるでしょう。

ららぽーと豊洲の一階フロアの一部のスペースはペットショップがあるためか、ペットを連れて入れるようにもなっており、ペットを連れての散歩時に中を覗くことができます。さらに、ららぽーと豊洲ではイベントなどが行われる野外ステージのあるシーサイドデッキは川に面していて景色も良いため、散歩先としても人気の場所です。このように、ららぽーと豊洲は散歩のついでにちょっと立ち寄ることも少なくなく、こうした立地も日常的な利用に繋がっています。

ららぽーと豊洲がこの地域で注目される理由とウリとなるもの

ららぽーと豊洲は、この豊洲周辺地域のみならず広く都内でその利便性から注目されています。その最大の理由として、ららぽーと豊洲には職業体験のできる「キッザニア東京」があることです。土日や休日ともなると列をなしているららぽーと豊洲の「キッザニア東京」ですが、通常日である平日の「キッザニア東京部」は比較的空いている印象を受けています。

また、ららぽーと豊洲には映画館やアドベンチャーアイランドという、ボールプールなど子どもが遊べる施設や、ららぽーと豊洲の屋外にはカーニバルトレインという子ども向けのバスも運行しており、ファミリー向けの娯楽施設は充実しています。さらに、ららぽーと豊洲の敷地内には天然芝のドッグランもあり、ペットも楽しめる点もららぽーと豊洲ならではのウリと言えるでしょう。

さらに季節ごとのイベントがららぽーと豊洲では充実しており、野外ステージではミニライブなどのイベントも行われています。何よりも、ららぽーと豊洲では「キッザニア東京」等を利用する子どものいるファミリー層へのイベントがとても豊富であり、移動動物園や水に濡れずに水遊びが楽しめるウォーターパーク、木のおもちゃ作りなどのワークショップなど、毎日でも来たいくらい、飽きさせません。

これだけ多くのイベントが豊富だと、ららぽーと豊洲に来る人もさぞかし多いだろう、混んでいるだろう、と思いがちですが、先述しましたように通常日の平日は思いの外空いているのも魅力的で、ゆっくりららぽーと豊洲の店内を見て回ることができます。混雑傾向にある休日であっても、ららぽーと豊洲内にはフードコートや飲食店だけでなく、ソファやベンチなどの休憩スペースもたくさんあるので、疲れたらららぽーと豊洲の店内でゆっくりすることができるのも高ポイントです。

ららぽーと豊洲の他施設にない魅力や感激した出来事

ららぽーと豊洲の魅力は、川に面した開放的なシーサイドデッキからの景色です。ららぽーと豊洲の景色として昼間はもちろん、夜はライトアップされ雰囲気のある景色が楽しめると同時に、吹き抜ける風の心地良さは、都会にいることを忘れさせてくれます。豊洲の地域はビルが多いからか風が強い、とよく言われますが、このららぽーと豊洲で感じる風は自然豊かな都会という関係性かその風を心地よく感じるのが不思議です。

一般的なショッピングモールの魅力と言うと買い物をメインに考えがちですが、ららぽーと豊洲はそれだけでなく、立地のよさ、都会的で開放的という贅沢な空間にあると言えるでしょう。また、他の商業施設施設と同様、ららぽーと豊洲にもファミリー向けにおむつ替えスペースや授乳室もあるのですが、混雑する休日に行っても、ほとんど待たずに利用することができました。

特に、ららぽーと豊洲で授乳室を利用しようと思って待つ事を覚悟していたのですが、ららぽーと豊洲の各フロアに授乳室があるためか、待たずに利用できたのはとても助かりました。それだけでなく、ららぽーと豊洲のレストラン街でも無為に待たずに過ごせるよう予約システムがとても整っています。これは、スマートフォンや店頭にあるタッチパネルから簡単に予約することができ、順番が近くなると通知が来るららぽーと豊洲のシステムです。

そのため、その間にとても広いららぽーと豊洲の店内でショッピングを楽しめ、長時間列に並ばずにすむというものです。特に、子ども連れだと列に並ぶのは躊躇してしまいますが、このららぽーと豊洲のシステムのお陰で並ぶ労力がいりません。さらに、予め空き時間なども想定できるので、ららぽーと豊洲の中で時間を有効に使え、スムーズに食事もとることができ、大人も子どもも大満足でした。

ららぽーと豊洲の周辺にある日常生活にとても重宝する施設やお店の活用例

ららぽーと豊洲周辺には、「ビバホーム」と言う大型ホームセンターがあり、そこでは日常生活に不可欠な日用品から、プロが使用する工具や木材まで手に入れることができます。さらに「ビバホーム」の二階のフロアにはスーパーや本屋、100円ショップなどの専門店があり、ららぽーと豊洲ほどではないにしろ、日用品はほとんど揃います。

「ビバホーム」はホームセンターだけあり、日曜大工用品や園芸用品は非常に充実しているので、ららぽーと豊洲では手に入らないものも買い求めることができるでしょう。また、いまや日常生活に切り離せないコンビニエンスストア、しかもその原点とも言われるセブンイレブン第一号店として有名な、セブンイレブン豊洲店がららぽーと豊洲の近くにあります。

ららぽーと豊洲周辺の店舗以外の施設としては、豊洲シビックセンターがあり、江東区の出張所、文化センター、図書館等の機能を備えた公共施設です。文化センターホールではさまざまなコンサートや講演会が行われており、研修室や和室なども備え、イベントや催し物が行われています。さらに、図書館は自然光を最大限に取り入れ、木の温もりが感じられる施設になっています。

それだけでなく、各階には屋外テラス席があり、天気のいい日は豊洲の景色を眺めながら読書ができる、贅沢な時間を過ごすことができるのです。ららぽーと豊洲の周辺の地域は、豊洲に住む人だけでなく、豊洲に来る人にとっても嬉しいスポットと言えます。

ららぽーと豊洲周辺の地域の特色や生活事情の良さについて

ららぽーと豊洲は隣に豊洲公園があり、ららぽーと豊洲のフードコートを出ると豊洲公園の広場へと繋がっています。さらにその豊洲公園の奥には遊具や砂場のスペースがあり、都心でも珍しく広い敷地の公園であり、木々などがあまりないため、開放的でのびのび遊べるのが特徴です。また、ららぽーと豊洲から臨めるデッキからは川に沿って遊歩道が整備されており、散歩やジョギングにはもってこいです。

ららぽーと豊洲のある地域の特色としては、オフィス街とベッドタウン、二つの顔を持つ場所という点が最大の特色と言えそうです。ららぽーと豊洲周辺には高層ビルやマンションが建ち並び、オフィス街ならではの飲食店やパン屋、カフェはもちろん、コンビニエンスストアが豊富です。一方でベッドタウンでもあるため、子ども連れの家族をよく見かけ、保育施設や幼児教育施設、子どもを対象とした娯楽施設も充実しています。

ららぽーと豊洲内にも幼児教育施設があり、周辺地域の子どもたちの利用が多いです。同様の理由から写真館も充実しており、ららぽーと豊洲内だけでなく、ビバホーム内にもあります。生活事情に関しては、ららぽーと豊洲をはじめとして、大型ショッピングモールやホームセンターが充実しているため、日用品の買い物には困りません。

また、昭和大学江東豊洲病院という総合病院もららぽーと豊洲の周辺にあり、救急時にも総合病院が近くにある、という安心感があります。野球場や屋内運動施設も周辺にあるため、身体を動かすことが好きな子どもたちも十分楽しめる環境です。

ららぽーと豊洲の独自サービス

ららぽーと豊洲の独自の嬉しいサービスをまとめてみました。

  • 柔らかいクッションで出来たキッズスペースが設置されている
  • 8歳児までを対象とした室内アスレチック施設アドベンチャーアイランドが設置されている
  • ベビーカーの無償貸し出しサービスがある
  • 急な需要のために紙おむつの自動販売機が設置されている
  • 各フロアに電子レンジや給湯器が使える授乳室が設置されている
  • お買い物した荷物をクロークに預けたり預けた荷物を駐車場の指定の場所まで届けてくれるサービスがある